ホクコンは、防火水槽、道路用側溝、農業用水路などのコンクリート二次製品の開発・製造を行うメーカーです。

ベルテクスグループ 株式会社ホクコンサイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
 

 

「既存鉄道コンクリート高架橋柱の耐震補強設計指針」に
「CB パネル工法」が追加されました

 
 
   

東急建設株式会社、株式会社ホクコンおよび公益財団法人鉄道総合研究所が共同で開発した鉄道高架橋柱の耐震補強工法「CB パネル工法」が、公益財団法人鉄道総合研究所が発刊する「既存鉄道コンクリート高架橋柱の耐震補強設計指針」の改定に際し、「繊維補強モルタル巻立て工法」として新たに追加されました。

「既存鉄道コンクリート高架橋柱の耐震補強設計指針」は、鉄道構造物設計標準・同解説に準じた設計法・施工法が取りまとめられたものです。CBパネル工法では、これまでの工法では補強効果を考慮できなかった充填材に、高強度かつ高じん性の特徴を有する「高強度繊維補強モルタル」を用いており、今回の改定により「高強度繊維補強モルタル」を考慮したせん断耐力・変形性能の算定が可能となり、効率的な耐震補強を実現できます。
また今後,鉄道総合研究所の開発ソフトである「JRSNAP」(静的非線形解析プログラム)や「VePP-Retrofit」(耐震補強された鉄筋コンクリート柱の性能照査支援プログラム)への実装が予定されており、構造物全体として耐震性の評価も可能となるため、より効率的な耐震補強設計を実施できます。

「CB パネル工法」の実績と今後の展望

「CB パネル工法」は、これまで神奈川県・千葉県内における鉄道高架橋柱工事に採用され、2020 年3 月までに294 本の施工実績があります。今後は、全国展開を図るとともに、地下鉄工事への普及を推進していく予定です。

CBパネル工法について

「CB パネル工法」の製品ページ

   
   
Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.