株式会社ホクコンのプレキャストコンクリート二次製品の施工事例集

ベルテクスグループ 株式会社ホクコンサイトマップリンク集個人情報の取扱いについて

TOP > 情報シリーズ > '19-Vol.99情報シリーズ

ベルテクスコーポレーション ホクコン 情報シリーズ


補修厚1cmから −小さくても残したい橋に−
薄層舗装補修工法「ドーロガード」

老朽化した小規模橋梁のコンクリート舗装を、その日の内に補修します。
ハツらず、待たせず、長持ちする「メタクリルMMA樹脂モルタル」による高耐久舗装補修工法です。

プレキャストホームドア対応スラブ

橋梁のコンクリート舗装の補修

【従来補修1】
 オーバーレイ舗装 5cm:死荷重が増えるため、桁や橋台など主部材の検討が必要。

【従来補修2】
 速硬性コンクリート  :ハツリや養生に時間がかかり、通行規制が長くなる。

メタクリル(MMA)樹脂モルタル「ドーロガード工法」


◆ハツリなしで、既存舗装の上に打設でき、施工後
1時間で解放できます。

◆1cm程度の薄層で、左官工同程度の人力施工が可能です。
  -10℃でも施工できるため、寒冷地や冬期でも施工できます。

耐摩耗性はコンクリート舗装の5倍です。付着力が強く、たわみに追従します。
  薄層でも割れにくく、酸・アルカリ・塩分等による
耐薬品性に優れます。

  施工事例
ドーロガード工法の施工事例
施工直後 橋台との接続部 排水孔まわり
※1cmの薄層の場合、死荷重の
増加はわずか0.2kN/m2。
※5mm未満の擦り付けが可能。  
  施工手順
ドーロガードの施工手順

下地処理

 

プライマー塗布

 

樹脂モルタル混練

 

ドーロガードの施工手順
樹脂モルタル打設 撒き砂散布 施工完了

 ※適用対象は、コンクリート、アスファルト、鋼板です。

 ※躯体コンクリートは乾燥状態にしてください。(降雨・積雪時および湿潤面は施工不可)

  よくあるご質問
Q1 施工後に損傷した場合の補修方法は?

  再施工可能です。洗浄またはケレン後、上塗りや部分補修できます。

  樹脂同士の付着性は十分です。

Q2 念のために、橋面防水層を設けたい。

  「道路橋床版防水便覧」に準じた床版防水材SW-Aを用意しています。

  プライマーとドーロガード樹脂の間に追加施工します。

Q3 美観上、少し色味を変えたい場合は?

  オプションで塗装対応も可能です。

  色は一般的なカラー舗装などがあります。

Q4 施工品質は、どう確保されますか?

 所定の性能を確保するには、施工手順毎のポイントを押さえる必要があります。

 多くの施工実績を持つ「インフラ保全技術協会」は、全国各地に施工会員が
  いるため、安心してお任せください。


 ドーロガード工法のページはこちら

弊社のこれまでの経験を生かし、様々な現場条件に応じたご提案をさせていただきます。
お気軽にご相談ください。

ダウンロード
リーフレットはこちらから

Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.
「あと楽」散水シリーズ