株式会社ホクコンのプレキャストコンクリート二次製品の施工事例集

ベルテクスグループ 株式会社ホクコンサイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
TOP > 情報シリーズ > '14-Vol.49情報シリーズ

ホクコン情報シリーズ


       早期解放型メンテナンスキット
早い!強い!簡単!ドーロガードキット

『ドーロガードキット』は、小規模補修用としてキット化された『メタクリル(MMA)樹脂補修材』です。
その特徴を活かし、あらゆる補修用途で使用できます。


ドーロガードキットの施工手順

ドーロガードの特徴
アスファルト舗装 セメントコンクリート舗装 ドーロガード(MMA)
早い! 硬化時間 5〜6時間 24時間 1時間
開放時間 施工後2時間 7〜14日間 施工後1時間
強い! 硬化特性 5℃ 5℃ −15°
施工厚 40mm以上 50mm以上

5mmから可能(標準:15mm)

耐摩耗性 摩耗し易い 摩耗し易い セメントコンクリート舗装の3倍以上
耐久性 柔らかくて弱い 堅くて強い(割れ易い) 柔らかくて強い(割れ難い)
簡単! 施工性 機械施工 機械施工 人力施工

ドーロガードキットの内容ドーロガードキットの種類

 

 施工事例
ドーロガードキットの施工事例

ドーロガード工法

 工法名:橋梁伸縮装置嵩上げ工法 【NETIS登録番号 KK-980028-V】

ドーロガード 橋梁伸縮装置嵩上げ   ドーロガード 橋梁伸縮装置嵩上げ
大型車が通行する度、伸縮装置部で大きな騒音が発生し、近隣から苦情が発生
伸縮装置を交換するには工期がかかり、交通規制時間も長期となる
早期解放が可能で、上面増厚工法(薄層舗装工法)が可能な『ドーロガード工法』が採用!

ドーロガード工法の施工手順

 工法名:薄層補修工法

 
ドーロガード 橋梁伸縮装置嵩上げ ドーロガード工法

ドーロガード工法の施工手順

 

 ドーロガード工法のページはこちら

弊社のこれまでの経験を生かし、様々な現場条件に応じたご提案をさせていただきます。 お気軽にご相談ください。

ダウンロード
リーフレットはこちらから

Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.