株式会社ホクコンのプレキャストコンクリート二次製品の施工事例集

ベルテクスグループ 株式会社ホクコンサイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
TOP > 情報シリーズ > '11-Vol.19 情報シリーズ
ホクコン情報シリーズ

ボックスを利用した雨水貯留槽

 近年、ゲリラ豪雨などの影響により雨水貯留槽の需要が高まっています。 また、様々なかたちで道路高架下の有効利用が行われています。
  第二京阪道路(高速道路)高架下も敷地有効利用を目的として、地下式の調整池が計画されました。本物件においては、 樹脂製の製品使用が認められず、高架下で橋脚がある為、高さや幅及びレッカーでの施工が不可能等と多くの制約がありました。
エアーキャスター工法を用い、ボックスカルバート構造にすることで全ての制約をクリアしました。 しかもプレキャスト製品(大型の3連ボックスを採用)という事で大幅に工期が短縮できました。

ポイント

L形水路 施工写真

L形水路 施工写真形状・寸法

1.ウインチを引き寄せ側にセットする。
2.重機を搬入する。
3.最下流の製品は端面版との緊張を行った後、 エアーキャスターにて横引きを行う。


4.順次製品をエアーキャスターにて据付し縦締めを行う。


5.最上流製品と端面版を縦締めし1列目完了。 以降3〜5を繰り返す。


ダウンロード
リーフレットはこちらから

Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.