EPS工法(超軽量盛土)、化粧材、プレキャスト、壁面材、Gネット工業会

ベルテクスグループ 株式会社ホクコンサイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
TOP > 事業別メニュー > 道路・交通・鉄道 > LBカバー−プレキャストEPS軽量盛土工法壁面材− 道路・交通・鉄道
土留め・擁壁 景観 経済性向上

Gネット工業会規格品Gネット工業会HP
LBカバー −プレキャストEPS軽量盛土工法壁面材−

EPS工法用プレキャスト製自立型壁面材。

LBカバー−プレキャストEPS軽量盛土工法壁面材−
概要・特長  LBカバーの部材仕様  従来工法との比較  施工歩掛  施工事例 

概要・特長

従来のEPS軽量盛土工法では、H型鋼の支柱間に壁面材を並べ保護層を設けていました。「LBカバー」は、従来の工法に比べて工事費や工期を削減するとともに、作業の安全性を確保したプレキャスト超軽量盛土用自立壁面材です。

1.優れた施工性
壁面は、最大で6m2/枚と広く、さらには製品単体でも自立するため、従来工法に比べ施工スピードが大幅に向上します。また、軽量盛土上部に設ける防護柵基礎をプレキャスト防護柵基礎ブロック『Gベース』と組み合わせて頂くことでさらに施工性の向上が図れます。
2.確かな安全性
施工時には、谷側に足場工の設置も不要でEPSの設置に合わせた壁面部材の設置が可能なため安全に安心して作業していただけます。さらには、ブロックは自立し、製品相互は、専用プレートにて接合を行うため、特殊な作業を必要としません。
3.高い経済性
従来のH鋼建て込み式に比べて、足場工等の仮設工も不要となり、20%の工事費削減が実現できます。
4.景観に配慮した壁面
壁面材表面には、周辺景観との調和を図る為、壁面模様つきを標準とさせて頂いております。場合によりカラーコンクリート等での対応も可能です。

概要・特長
LBカバーの部材仕様

●規格
規格


従来工法との比較

工法 LBカバー工法 H型鋼支柱+壁面材施工
施工断面図 規格 規格
構造性
・プレキャスト製自立壁
亜鉛メッキH型鋼+プレキャスト版
耐久性
・鉄筋コンクリート製であるため良い。
・押出成型セメント版のため、凍結融解対策が必要。
×
安定性
・中間床版と一体化する。
・中間床版上の水は速やかに外部へ排出。
・中間床版とH型鋼の連結は特殊な加工。
(中間床版施工時にアンカー等が必要)
・中間床版上の水は壁面材内面を流れ落ちる。
維持管理面
・コンクリート製のため補修が容易。
押出成型セメント版の場合は不可能。
×
経済性
(工事費)
80% 100%
施工性
(壁面材施工歩掛り)
60m2/日
・製品は標準で6m2/枚で自立する。
40m2/日
・製品は、1m2/枚で、吊りながらの固定が必要。
安全性
・製品は自立する。
・基礎コンクリート上に製品を設置するのみ。
・壁面材は吊りながらの金具固定が必要。
・基礎上に壁高のH型鋼の建て込みが必要。
・壁面材設置時は高所作業車または足場工が必要。
総合評価

施工歩掛
施工延長10m当り
  名称 単位 H1000 〜H2000 〜H3000
本体据付工 土木一般世話役 0.22 0.26 0.33
ブロック工 0.22 0.26 0.33
普通作業員 0.66 0.78 0.99
クレーン賃料 規格 バックホウ
2.9t吊
ラフテレーンクレーン
25t吊
ラフテレーンクレーン
25t吊
0.22 0.26 0.33
雑工種率 基礎砕石 45 53 60
雑工種率 基礎コン 74 87 98
諸雑費 16 18 20
材料費 プレキャストブロック 5 5 5
諸雑費 1 1 1
国交省積算基準準用

施工事例

規格 規格
軌道下使用例 多段積み事例


お問い合わせ・資料請求はこちら
※製品に関するお問い合わせは、
送信先を「技術・施工受付」としてください。
Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.