エスホール、プレキャスト、組み立て式マンホール、全国エスホール工業会、工期短縮

ベルテクスグループ 株式会社ホクコンサイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
TOP > 事業別メニュー > 道路・交通・鉄道 > エスホール 道路・交通・鉄道
ボックスカルバート 用・排水 貯留 耐震 省力化 評定・評価・認定

S-HOLE(エスホール) 下水道用認定資器材II類
CADデータダウンロードCADデータダウンロード

箱形の大形マンホールもプレキャストの時代です。

エスホール

概要・特長  規格・種類  施工手順

概要・特長
下水道施設においてマンホールは、管渠の維持管理上大変重要な施設であり、優れた品質をもち、使用上便利なものでなければなりません。
エスホールは、これらのニーズに対応するために開発された箱形と円形を結合した組立式マンホールです。

1.レベル2地震動に、ほとんどのケースで対応可能
(社)日本下水道協会発行の「下水道施設の耐震対策指針と解説」に示すレベル2地震動に、ほとんどのケースで対応可能です。

2.深いマンホールに最適です
深いマンホールの場合は、一般に流入・流出が大きくなります。当製品では流入・流出管による断面縮小があっても残存壁面が多く、また基礎ブロック(B)については底版も、一体成形しているため安全です。地下水位も考慮しております。
3.種類が豊富です
現場のニーズに対応出来るよう、サイズは1000mm×1000mmから3500mm×1500mmまで13種類の規格化をしました。
4.マンホール空間が広くとれます
箱形部はマンホール空間が広いため、ほとんど内側で作業ができます。また、将来の維持管理が容易になります。
5.施工が簡単
部材を基礎ブロックからマンホール蓋まで順次組み上げるだけですので、熟練工を必要とせず現場施工が簡単です。 特に、基礎ブロック部分が上下2分割になっているため流入・流出管の取付けが容易に出来ます。
6.矩形開口にも対応可能です
円形開口だけではなく、アーチカルバート・ボックスカルバートの流入・流出にも対応できます。

7.品質が安定しています
品質管理された工場製品ですので、品質及び強度にバラツキがありません。

●最大マンホール深さ

エスホールの部材名称

●組み合わせ例

(1)直接マンホール蓋を
   載せる場合
 (2)通常の場合  (3)中小版のある場合



規格・種類

規格・種類   全国ボックスカルバート協会型ボックスカルバート寸法

施工手順


施工手順     施工断面・据付歩掛


CADデータダウンロードCADデータダウンロード


お問い合わせ・資料請求はこちら
※製品に関するお問い合わせは、
送信先を「技術・施工受付」としてください。
Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.