急勾配、軌道下、アンダーパス、補強、粗度改善、海中施工、ボックスカルバート

ベルテクスグループ 株式会社ホクコンサイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
TOP > 事業別メニュー > 道路・交通・鉄道 > ボックスカルバート > 特殊条件対応 道路・交通・鉄道
ボックスカルバート トンネル 用・排水 貯留 耐震 省力化  

ボックスカルバート 特殊条件対応
●特殊条件対応
BKUボックスカルバート
段差ボックスカルバート
特殊事例
特殊条件対応

■BKUボックスカルバート

概要
ボックスカルバート内面に樹脂を貼り付けることにより、流量増加・耐磨 耗性向上が可能となります。

コンクリート下水道管路・構造物等を合成樹脂プレートで保護するシート ライニング工法であり、1997年には日本下水道事業団の「コンクリート 防食指針(案)」に当工法が採用されています。
BKUボックスカルバート
特長
  1. 耐防食性:下水の硫酸濃度pH4〜1の環境下でもBKUプレートは影響を 受けません。
  2. 平滑性:BKUプレートは平滑性に優れ、その粗度係数は0.010を採用 できる。
  3. 耐磨耗性:コンクリートの4〜7倍の性能を有する。
  4. コンクリートとの固着性:特殊形状のリブを有しているため、コンク リートと物理的に強固に一体化して、はく離の危険性がありません。
BKU工法はこちら

■急勾配対応ボックスカルバート

概要・特徴
急斜面にボックスカルバートを据付ける場合に、段差用プレキャストパネルまたは段差ボックスを設けることにより、現場打ちを行わず容易に施工を行うことができます。

段差ボックスカルバート

■特殊事例
ボックスカルバート既存構造物への挿入 補強

既存構造物への挿入・補強・工法

規格:B5000×H3100
工法:エアーキャスター工法
延長:18m
場所:石川県内
概要:
上部道路の通行止めをする事無く塩害により劣化した既設函渠の改修を行う必要がありました。そこで、既設函渠内にプレキャストBOXをエアーキャスター工法により挿入しました。既設函渠とのクリアランスは上方約10cm側方15cmで、据付後はエアーモルタルを充填しました。
エアーキャスター工法
斜角ボックスカルバート


ポータル(門型)カルバートによるアンダーパス構築

ポータル(門型)カルバートによるアンダーパス構築

規格:B7500×H3500(上下3分割)
工法:通常施工(夜間)
延長:40m
場所:滋賀県内
概要:
上部道路拡幅工事で、夜間通行止め期間の短縮および昼間交差している県道の供用をする必要が有りました。そこで、プレキャスト門型BOXを夜間工事で設置しました。基礎は、地盤が軟弱なため杭基礎とし現場打ちフーチング上に据付を行いました。


RCBOXカルバート 海中施工

RCBOXカルバート 海中施工

規格:B2500×H1700
工法:海中施工
延長:13m×2(並列施工)
場所:大阪府内
概要:
港の拡張工事で、現況の排水路を延伸する必要がありました。現場打ちで施工を行う場合は、陸打ちでの作業となるため
1)大きな作業・堆積ヤードが必要。
2)部材厚が大きくなるためクレーン船が大きくなる。
3)現場打ちに比べ工場製品は品質が安定している。
などの理由によりプレキャストBOXにて施工を行いました。


ボックスカルバート粗度改善工法

粗度改善工法

規格:B1500×H1500
工法:オープンシールド工法
延長:1000m
場所:和歌山県内
概要:
狭隘な場所で、BOXのサイズが限定されていましたが、通常のBOXでは流量が不足する結果となりました。そこで、粗度係数を低減(μ=0.010)しBOXサイズおよび流量を確保するために、BOX内壁にBKUプレートを一体成型しました。施工は狭隘な住宅地であるためオープンシールド工法にて施工を行いました。
BKU工法
オープンシールド工法


軌道下ボックスカルバート

軌道下ボックスカルバート

規格:B3000×H2700
工法:エアーキャスター工法
延長:25m
場所:滋賀県内
概要:
既設地下道が頭を屈めるほど狭く、人の行き来に支障が生じていたため、新たに地下道を設ける事業がありました。上部には鉄道が常に通っており運行障害が出ないよう、横引き工法であるエアーキャスター工法にて施工を行いました。なお、BOX本体は鉄道総研・RC標準に準拠し設計を行っております。
軌道下ボックスカルバート
エアーキャスター工法


ボックスカルバート共同溝

共同溝

規格:B(2200+2300)×H3450
工法:通常施工
延長:470m
場所:大阪府内
概要:
高速道路の新設に伴ない、並行するように共同溝の設置が計画されました。当初設計段階では現場打ちで行われていましたが、高速道路の解放日が決まっており現場打ちでの対応は工期面で厳しいことから、工期短縮で大きなメリットが出るプレキャストが採用されました。



お問い合わせ・資料請求はこちら
※製品に関するお問い合わせは、
送信先を「技術・施工受付」としてください。
Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.