RC、PCボックスカルバート寸法・施工方法、プレキャスト、横引き工法、全国ボックスカルバート協会

ベルテクスグループ 株式会社ホクコンサイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
TOP > 事業別メニュー > 道路・交通・鉄道 > ボックスカルバート > 敷設方法/施工選定フロー 道路・交通・鉄道
ボックスカルバート トンネル 用・排水 貯留 耐震 省力化 評定・評価・認定

ボックスカルバート CADデータダウンロードCADデータダウンロード

RCボックスカルバート、PCボックスカルバートは全国ボックスカルバート協会に準拠し、設計、計算、製造、施工を行っています。

特長  製品種類  施工断面・標準据付歩掛  敷設・連結方法 
施工選定フロー  特殊条件対応

敷設・連結方法

ボックスカルバートの敷設方法には、通常敷設と縦方向連結型の2タイプがあります。

■通常敷設型
通常敷設型は、製品継手部の凹凸を利用して接合するもので、ブロック相互の縦方向の連結は行わない敷設方式です。この敷設方式は、基礎地盤の良好な場合に用います。

ボックスカルバート通常敷設

 ●耐震性ゴムリング
  下水管渠の耐震対策は義務付けられています。
   継手にゴム輪を用いるボックスカルバートは、水密性、可とう性に優れ、レベル2地震動における
   要求性能を満たすことができます。

耐震性ゴムリングを用いたボックスカルバート
詳細は耐震対応型ボックスカルバートをご覧ください。

■縦方向連結について
縦方向連結型は、縦方向をPC鋼材またはボルトによって連結する敷設方式です。連結を行うことにより、止水性能の向上、不等沈下の防止が期待できます。次のような場合は、特に縦方向連結型の使用が望まれます。

  1. 地下水位が高く止水性を考える場合
  2. 道路を横断して設置する場合
  3. 地盤が良くない場合
    ※曲線部や屈折部などで曲がり角の大きい箇所は、ボルトによる連結方法となります。

 ●ボルトによる縦方向連結

ボックスカルバート ボルト連結
※斜切製品間は接続金具同士での連結となります。

 ●PC鋼材による連結

PC鋼材による縦方向連結イメージ
定着部拡大図PC鋼材による縦方向連結


施工選定フロー

●函体敷設工法の選定フロー

工法名をクリックすると詳細ページに移動します。  
ボックスカルバート施工選定フロー

現地要望対応

標準断面工法以外の特殊製品についても、当社の高い製造技術により対応可能です。

●開口用製品
ボックスカルバート開口について

●斜切用製品
ボックスカルバート開口について

●特殊製品 ●差筋付製品
ボックスカルバート開口について ボックスカルバート開口について
●止水板付製品 ●その他製品
ボックスカルバート開口について ボックスカルバート開口について

※上記はあくまでも標準寸法です。 レールスライド工法 エアキャスター工法 オープンシールド工法 OSJ工法


お問い合わせ・資料請求はこちら
※製品に関するお問い合わせは、
送信先を「技術・施工受付」としてください。
Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.