HSフリュームビオタイプ

ベルテクスグループ 株式会社ホクコンサイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
TOP > 事業別メニュー > 水とみどり > HSフリュームビオタイプ 水とみどり
用・排水 生態系 植生・緑化 維持管理  

HSフリュームビオタイプ  生態・植生・景観・フリューム水路対応
(ARIC農業農村整備新技術 NNTD 登録No.0312)

植生等の生育環境の確保。

HSフリュームビオタイプ
概要・特長

概要・特長

HSフリュームビオタイプ
1.水生植物の育成が可能
フリュームの底版に設けた開口(B200〜400mm×L400mm)は、土砂を充填することで植生基盤となります。コンクリート3面張りの水路内で水生植物の生育を可能にします。
2.流路の確保
底版の開口は、水路の片側または、両側に設け、中央のコンクリート面を残しています。中央部は掃流力によって泥が流されやすくなっており、水路が本来必要とする通水能力が低下しないよう配慮しています。
3.地下水の影響を軽減
底版の開口から地下水を取り込むことも可能であり、湧水の多い地域の対策にも効果的です。
4.生物のすみかの創出
水生植物は魚類の隠れ家・産卵場所になります。また、水生植物の中は緩やかになり、魚類に適した生息環境を創出します。
5.維持管理作業の軽減
中央部に残したコンクリート部は水路の江ざらい時の足場にもなり、作業が行いやすいことから、維持管理作業の軽減にも効果的です。


お問い合わせ・資料請求はこちら
※製品に関するお問い合わせは、
送信先を「技術・施工受付」としてください。
Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.