環境配慮型用排水路システム、環境配慮、農業用、用水路

ベルテクスグループ 株式会社ホクコンサイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
TOP > 事業別メニュー > 水とみどり > 環境配慮型水路 水とみどり
用・排水 景観 生態系 水質保全・浄化 植生・緑化 維持管理  

環境配慮水路

生態系、植生、水質改善、景観に配慮した水路システム。

概要・特長

フリューム水路タイプ
1
おさかなステーション(水生生物の多様な生息・生育空間の確保)
おさかなステーション
(水生生物の多様な生息・生育空間の確保)
2
HSフリュームビオタイプ(植生等の生育環境の確保)
HSフリュームビオタイプ
(植生等の生育環境の確保)
3
双翼型魚道(水田と水路との生態系ネットワークの確保)
双翼型魚道
(水田と水路との生態系ネットワークの確保)
柵渠水路タイプ
4
魚道システム(水路の連続性の確保)
魚道システム
(水路の連続性の確保)
5
間伐材スロープ(小動物の脱出経路の確保)
間伐材スロープ
(小動物の脱出経路の確保)

5
間伐材スロープ(小動物の脱出経路の確保)
間伐材スロープ
(小動物の脱出経路の確保)
6
TK式ワンド(水生生物の隠れ家の確保)
TK式ワンド
(水生生物の隠れ家の確保)
7
木目湧水パネル(湧水対策と水生生物の隠れ場の確保)
木目湧水パネル
(湧水対策と水生生物の隠れ場の確保)
8
マモロック(深みと魚巣による水生生物の生息空間の確保)
マモロック
(深みと魚巣による水生生物の生息空間の確保)

概要・特長

維持管理の低減と環境配慮の両立を目指して!

かつての農業用用排水路は、多くの生物や植物の生息・生育空間となって、地域の住民が触れ合う水と緑と人のネットワークとして存在していました。近年、圃場整備などによって、そのような環境は失われ、コンクリート水路が大半を占めています。しかし、わずかな工夫でコンクリート水路は環境豊かな水路に生まれ変わります。


1.水生生物の多様な生息・生育空間の確保
水路幅を広げずに、三面張コンクリート構造のメリットを生かしながら多様な水深・流れが創出でき、水生生物の生息・生育空間を構築できます。既存の水路へもこのシステムを導入することによって、環境への配慮が可能となります。
おさかなステーション

おさかなステーション
2.植生等の生育環境の確保
流速の遅い底版の側壁寄りに開口を設け、流速の速い中央部はコンクリート面ですので、泥やゴミが溜まりにくい構造です。側壁に開口を設けて背面に栗石層を設ければ、地下水の排除と魚巣空間の確保が可能となります。
HSフリューム

環境配慮型水路・HSフリューム
3.水田と水路との生態系ネットワークの確保
分離された水田と水路との間に魚道を設置することで、水生生物が水路に生息し、水田で繁殖を行うことの出来る生態系ネットワークを確保することが可能となります。
双翼型魚道(ダブルウィング型)

魚道システム
4.水路の連続性の確保
水路内の落差は水生生物の移動経路の分断となって、生態系に悪影響を及ぼしますから、水路の連続性を確保するために魚道が必要です。魚類の遊泳力に応じて選択できる魚道形態を提案します。
魚道システム

魚道システム
5.小動物の脱出経路の確保
水路幅を一部広くし、側壁には間伐材を取り付けることによって、小動物の地上への這い上がり機能を付加し、景観への配慮も可能となります。
間伐材スロープ

間伐材スロープ
6.水生生物の隠れ家の確保
水生動植物にとって重要なワンド(淀み)を形成するもので、既存の水路にも設置できます。小動物這い上がり機能付き(Aタイプ)と魚巣機能付き(Bタイプ)があり、ともに間伐材を使用しています。Aタイプは、現地発生材を充填して自然発生植物による緑陰が形成でき、Bタイプは、背面のスリットで水路と背面の地山が連続しており、水生生物にとって良い生育・生息空間を形成します。
TK式ワンド

TK式ワンド
7.湧水対策と水生生物の隠れ家の確保
スリット付コンクリートパネルに間伐材を取り付ける構造で、 既設柵渠水路の側壁パネルに替えて設置できます。 背面に栗石層を設けているため、水生生物の生育・生息空間や避難場を創出でき、湧水箇所に設置すればスムースな排水が可能です。
木目湧水パネル

木目湧水パネル・マモロック
8.深みと魚巣による水生生物の生息空間の確保
水路内に深みを設けることで、水生生物に必要な多様な水深・流れが創出でき、深みの底を土の状態で残すことによって、多様な植生や底質の創造が期待できます。また、魚巣を併設することで、より多様な水生生物の生息・生育環境を構築できます。
マモロック

TK式ワンド
記号・配慮した機能

お問い合わせ・資料請求はこちら
※製品に関するお問い合わせは、
送信先を「技術・施工受付」としてください。
Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.