塩害、凍害等によるコンクリートの劣化、補修、修復、更正工法、ストックマネジメント

ベルテクスグループ 株式会社ホクコンサイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
TOP > 事業別メニュー > 工法・ストックマネジメント > ASフォーム工法 工法・ストックマネジメント
経済性向上 省力化 高性能 安全・安心

高耐久性レジンコンクリートパネルの利用による構造物補修
ASフォーム工法(緩衝材仕様)表面被覆補修 ASモルタル工法
概要・特長  施工例 農業水利施設補修例

概要・特長


ASフォーム工法(緩衝材仕様)は、ASフォーム(高耐久性レジンコンクリートパネル)の様々な優れた特性を活かした既存構造物の補修工法です。
緩衝材を使用することで従来工法に比べ安価に対応でき、ライフサイクルコストを低減することができます。
また、緩衝材を製造工場で一体化させ現場納入する為、工期短縮が可能です。


1. 耐摩耗性に優れています。(普通コンクリートの約10倍の耐摩耗性)
2.水理特性(平滑性)に優れています。(粗度係数:0.0084)
3. 塩害・中性化・凍害・腐食等に対する耐久性に優れています。
4. 耐候性に優れています。
5. 緩衝材を使用することで従来工法に比べ安価に対応できます。
6.緩衝材を製造工場で一体化させ現場納入することで工期短縮が可能です。
基礎物性
項 目 特性値
圧縮強度 80N/mm2
曲げ強度 20MPa以上
静弾性係数

20GPa以上

耐摩耗性 普通コンクリートの9.4倍
凍結融解抵抗性 105%
上記は試験値であり、品質保証値ではありません。

構造他
項目 特性値
板厚(施工厚)   8mm(18mm)
緩衝材 発砲ポリエチレン(15倍)
目地材 2成分形変性シリコーン樹脂
ASフォーム 製造可能範囲 2000(Max)×1000(Max)


施工例 農業水利施設補修例

ASフォーム工法 緩衝材仕様 ASフォーム工法 緩衝材仕様
材料搬入(緩衝材付きパネル) パネル設置抗
ASフォーム工法 緩衝材仕様 ASフォーム工法 緩衝材仕様
アンカー工(打設状況) パネル目地工(弾性シーリング材充填状況)
ASフォーム工法 緩衝材仕様  
施工完了  

 

リーフレットのダウンロード

お問い合わせ・資料請求はこちら
※製品に関するお問い合わせは、
送信先を「技術・施工受付」としてください。
Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.