ボックスカルバートの横引き工法、レールスライド工法

ベルテクスグループ 株式会社ホクコンサイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
TOP > 事業別メニュー > 工法・ストックマネジメント > レールスライド工法 工法・ストックマネジメント
省力化 安全・安心

レールスライド工法

ボックスカルバートの横引き工法。

レールスライド工法
概要・特長  施工条件  施工手順  施工事例 

概要・特長


通常敷設ができない場所(狭隘な場所・橋梁下横断)等でレッカー据付が不可能な場所において、基礎にレールを設置しその上に台車および函体を乗せ横移動させる「レールスライド工法」です。本工法における据付は、爪ジャッキ4台を使用します。


1.環境に配慮
常時重機を使用せず、レール上の台車を利用して移動させるため、ほこりや騒音・振動などの心配はありません。
2.安全な施工
移動装置は基礎に埋め込んだ角鋼の上に、函体重量に適した台車を設置し横移動させるため、コンパクトで安全です。
3.施工性を考慮
レールと台車との摩擦抵抗が小さいので、小型のウインチで横移動が可能であり、曲線施工は最小半径10mまで可能になります。
4.現場対応が可能
使用する機械がコンパクトなため、現場条件の変化に対応できます。
5.用途
下水道・河川水路・防火水槽・貯留槽 等の函体で狭隘な場所・覆工桁下の道路横断・橋梁下の横断 等に対応できます。
施工条件

施工条件 移動台車取り外し方法
爪付ジャッキアタッチ使用
爪付ジャッキアタッチ使用

名称・寸法位置 爪付ジャッキアタッチ使用
a 製品外面より基礎コンクリートの張出距離 200mm以上
b 製品外面より矢板内面までの距離 600mm以上
h 製品天端より切梁下面までの距離 200mm以上
B 矢板最小内幅 製品外幅+1,200mm以上
H 製品の最小内高〜最大内高 特に制限なし
t  基礎コンクリートの厚さ 標準基礎寸法に順ずる
  製品重量の制限 10t以下
  最大施工縦断勾配 5%(ウインチの併用)


施工手順

 

 

1.基礎鋼材設置   2.基礎コンクリート打設
1.基礎鋼材設置
●床付け盤よりアンカーを取り、ガイドレール
  を設置する。

  2.基礎コンクリート打設
●ガイドレール設置天端より、20mm下がりを
  基礎コンクリート打設天端とする。

3.移動台車設置   4.製品荷卸し
3.移動台車設置
●台車の前後を連結し、作業開始位置の
  ガイドレール上に設置する。

  4.製品荷卸し
●台車上に荷卸クレーンで、製品を設置
  する。

5.横引き移動   6.製品据付
5.横引き移動
●人力またはウインチの併用で所定位置
  まで移動する。

  6.製品据付
●敷モルタルを敷設し、所定位置迄移動後、
  4台の爪付ジャッキで製品をジャッキアップする。

7.据付完了 → 3.に戻る   8.爪付ジャッキアタッチメントの使用
7.移動台車取り除き
●移動台車を取り除く。

8.据付完了 → 3.に戻る
●ジャッキダウン後、爪付ジャッキを外し、所定の位置
  に設置する。

レールスライドの施工事例集はこちら

お問い合わせ・資料請求はこちら
※製品に関するお問い合わせは、
送信先を「技術・施工受付」としてください。
Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.